イメージ画像

夜勤専従看護師の求人探しのチェック点

看護師の資格を持っていると、結婚や出産後も仕事復帰しやすいのが大きな強みでもあります。

しかし、看護師は、給料が高くてもハードワークで、育児をしながら積極的に働くという人が減ってきています。慢性的に人手不足に悩まされている職業の一つでもあります。

人手不足を解消する為に、色々な取り組みがされてきていて、夜勤のない日勤だけの仕事や育児中の短時間勤務など、高いスキルをもった看護師が職場復帰しやすいように、人材確保に努めている病院も多くなっています。

働きたくても働けないという、悪循環が解消されつつあるのも、色々な働き方の選択ができるようになってきた背景が大きくなっています。

看護師の仕事を続ける上で大きな障害になるのが、不規則勤務の体制です。夜勤がなければ働けるという看護師も多く、夜勤なしの病棟勤務なども可能になってきています。

日勤のみの勤務の看護師の穴を埋めるのに活躍してくれるのが、夜勤専従看護師です。

夜勤専従看護師は夜勤のみを専門に行う看護師です。夜勤のみを専門に行うため、体力的にもきつく、一か月の労働時間の上限が定められています。一か月の労働時間の上限は、一か月の労働日数に換算すると最長9日とされているため、昼間の時間を有効的に使う事ができることと、夜勤のため、お給料が高いという点が魅力の職種です。

しかし、その高き給料だけを見て求人を探したりすると、一日の仕事がかなりハードワークだったり、極端に厳しい勤務体制など、体力的に続かないケースもあります。

仕事を探すときには、細かい勤務条件などにも、しっかり目をとおしておくことが大切です。

看護師の仕事は、人出不足が続き、求人もたくさんあることが、求職者にとっては大変恵まれています。しかし、たくさんの求人がある分、比較検討するのにも、かなりの時間を要します。

また、好条件に魅力を感じて就職したのに、職場の人間関係に悩まされるなど、新しい職場を探すのは、求人広告だけではわかりづらい部分が多いのが、職探し中の悩みでもあります。

このページの先頭へ