イメージ画像

看護師転職-手術室看護師に求められる知識

手術室の看護師として活躍するためには必要な知識技術がたくさんあります。 そのため、最初から手術室の看護師として働き始めるのはなかなか難しいといえるでしょう。

ある程度病院などで看護師としての知識技術を身につけた上で手術室への異動や転職について検討してみると良いですね。

よく理解しておかなければならないのが、手術室では患者さんの生命を預かるような医療行為を行うということ。 万が一看護師が何らかのミスをしてしまったことが患者さんの死に繋がってしまうこともあります。

患者さんは医師や看護師にすべてを任せるしかないため、看護師は高い技術と知識を身につけていなければならないのです。
准看護師がキャリアアップをする3つの方法

手術室で働く看護師の重要な役割と言えば器械出しと外回りです。 まず、器械出しと言えば手術に必要なメスなどの道具を適切なタイミングで医師に手渡す作業のこと。 手術道具の名前さえ正しく理解していればとても簡単そうな作業に思えるかもしれませんが、実際には高い知識を要します。

看護師が器械出しに手間取ってしまうと、それだけ手術時間も長くなることになりますよね。 それだけでなく、仮に間違った器械出しをしてしまった場合、大きな手術事故に繋がってしまう可能性もゼロではありません。

スムーズに器械出しを行うためには医師の手元や手術の流れを正確に把握し、次に必要となる器械の準備をしておかなければならないのです。
社会医療法人帰巖会

次に外回りについてですが、こちらは麻酔導入の介助や術後の回復室でのケアなど、様々な業務が含まれます。 特に麻酔に関する業務を行う際には外科医と麻酔科の両方に目を配り、適切な行動をしなければなりません。

それぞれ新人の看護師では難しいような仕事内容となっているため、手術室看護師として長く働いた経験があると実力があると認められ、様々な職場で優遇されます。

将来的に転職を検討しているという方もスキルアップの一環として手術室での仕事を検討してみても良いかもしれません。 とても忙しく大変な仕事ではありますが、確実にスキルアップにつなげられるでしょう。

手術室看護師の給与について

手術室の仕事と言えば高い知識や技術を要するため、業務内容も過酷になりがちです。 そこで、給料が気になるという方も多いのではないでしょうか。

どういった病院の手術室で働くのかによって収入は違ってくるわけですが、多くの病院ではオンコール体制を取っています。 中には交代制を取っているところもあるのですが、どちらであるかによって給料が違ってくるのでよく確認しておいた方が良いでしょう。

交代制の場合についてですが、こちらは病棟の勤務と同じような給料体制となります。 つまり、夜勤をした場合は夜勤手当がつくということですね。

それに対し、オンコール体制を取り入れている病院ではオンコールの手当にオペがあった場合の手当が別途支給される形になります。

病院で働いた場合の給料との違いについてですが、これはそれほど変わりないといえるでしょう。 同じくらいか手術室勤務の方が少し高めになります。

ただ、実際に手術室の看護師として働き始める方の多くは給料よりもスキルアップを重視することが多いようです。 手術室での勤務は他の病棟では習得が難しいようなことも学べます。 ここで得た専門的な知識は様々な場面や他の職場でも役立てることができるでしょう。

それから、手術室の看護師獲得に力を入れているような病院では寮に優先的にはいれるなどの特別待遇を設けているところもあるようです。

どのような待遇が用意されているかというのは病院によって違うので、しっかり比較検討した上で決めましょう。

ただ、具体的な仕事内容などが今ひとつ想像できず、転職を悩んでいるという方もいるかもしれません。 現在病院で働いているという方は、手術室の見学を実施できないか聞いてみると良いですね。

実際に京都で働く看護師に手術室での仕事を理解してもらうために見学制度を取り入れているところもあります。 間近で手術室看護師の仕事に触れれば、自分でも十分に勤まる仕事なのかどうかも判断しやすいでしょう。

手術室看護師の求人情報でチェックしたいこと

手術室看護師の仕事に関する忙しさはどういった病院で働くかによって全く違います。 就職したばかりの頃はとても忙しかったものの、手術の件数が減ってしまって病院勤務に回されてしまうのではないかと心配している方がいる一方で、あまりにも忙しいことにストレスを感じている方もいるのです。

こういった悩みは就職する前に病院をよく比較しておけば防げたかもしれません。 これから手術室看護師として就職したいと思っている方は求人情報をチェックする際に次のような点に注意してみてください。

まず、その勤務先が手術室専属の看護師を募集しているのかどうかを確認する必要があります。 求人の中には手術室専属ではなく外来と兼務することになる職場もあるのですが、こちらのケースでは手術室看護師として覚えなければならないことに加え、外来に関する仕事も覚えなければなりません。

スキルアップのために手術室専属ではなく外来との兼務となる職場を探しているという方もいますが、自分にはどちらが向いているのかよく考えた上で職場選びをしましょう。

次に、手術件数も確認しておいた方が良いです。 スキルアップのために手術室看護師になったとしても手術件数が非常に少なく、あまり学べることが多くない職場もあります。

手術件数が多い病院の方が看護師としてのスキルアップも期待できるため、確認しておいた方が良いでしょう。

ただ、小さな子どもがいる方などはオンコールの頻度の方を重視した方が良いかもしれません。病院によってオンコールの頻度は全く違うのですが、あまりにも多いと体力がついていかない可能性も考えられます。

それから、オンコールの数がそれほど多くなかったり、手術件数が多くない場合でもスタッフの数が少ない病院では1人あたりが担当する業務内容が増えるのでここも併せて確認しておきましょう。

他にもチェックしておきたい項目はいくつかありますが、手術室で働いた経験がないとどこを選択すればいいのか悩んでしまうかもしれません。

そういった方は看護師専門の転職支援サイトなどを活用しながら職場探しをすると良いでしょう。

手術室看護師が全身麻酔で注意すべきこと

手術室の看護師として働くと全身麻酔を担当することもあります。 全身麻酔と言えば手術中の痛みを感じなくするためのものではありますが、デメリットもあるのです。

全身麻酔を取り入れることにより代謝や呼吸・循環といった様々な機能を抑制することになります。 そのため、手術室で働く看護師は抑制された機能をサポートする役割も持っているのです。

まず、代謝に関することですが体温管理をしっかり行わなければなりません。 例えば、全身麻酔は最高体温が41度となる悪性高熱症を引き起こしてしまうことがあります。

発生率は高いわけではありませんが、仮に発生してしまった場合には死亡率も高いので、十分な体温管理が求められるのです。

次に呼吸器系に与える影響と対策についても理解しておきましょう。 全身麻酔中は呼吸器の働きも衰えているため、気道を確保するのはもちろんのこと人工呼吸管理も行わなければなりません。

最後に循環器に関することですが、麻酔薬を使うと低酸素や低体温、末梢血管拡張作用などによって手術中に血圧が低下してしまうことがあります。

ただ、必ずしも血圧が低下するというわけではなく、上昇してしまうこともあるのでケースに応じた対策を取ることが重要です。

どの職場で働くかによって求められる経験や知識は違ってきます。 これから手術室の看護師として働きたいと思っているのであれば、自分の実力に合った職場を探しましょう。

職場を探す際には転職支援サイトを利用すると便利です。 自分1人ではどの職場が最適なのかわかりにくいですが、転職支援サイトのコンサルタントに相談をしながら職場選びをすれば自分の知識や能力、技術でも無理なく働ける職場を探せるでしょう。

職場で働きながら学ぶということも可能ではありますが、あまりにも実力に見合わない職場を選んでしまうとやりがいを感じる前に辞めることを考えることになってしまうかもしれません。

楽しく働ける職場を探すためにも転職支援サイト活用するのがおすすめです。

このページの先頭へ